色のまめ知識「普通の色と特色との違いは?」

印刷時に使用される色は、基本的にCMYKの4色インクの掛け合わせによって表現されています。
どう色を組み合わせるかと言うと、CMYKで色を作る場合濃度(アミ点)の組合せで表現されます。

アミ点

点同士の重なりで色を表現するため、CMYKの赤(M100%、Y100%)等の単色印刷であっても、点間のスペースによって若干薄く見えてしまう場合があります。
単色をきれいに印刷したい」「金や蛍光色を印刷に使いたい」等のCMYKで表現できない色を使う時に特色が必要となります。
代表的な特色として、印刷でよく使用される「DIC(ディック)カラー」、アパレルや布関係の色を選択する場面で利用する「PANTONE(パントン)カラー」の2種類があります。

通常のCMYK印刷に特色を追加する場合1色追加するごとに印刷費用が上がり、色も主張する色が多いので、特色を利用する場合は各色の特徴を生かして使用するようにしましょう。