画像のまめ知識「解像度って何?」

「解像度が高い」「解像度が低い」「画像が荒い」等、画像の見え方を表現するには様々な言葉が用いられますが、そもそも解像度とは何でしょう。

解像度画像

上図は画像の一部分をアップにした画像ですが、画像を見ると分かるように
画像はブロック(ピクセル)の集合体で構成されています。
このブロックが小さければ、画像中にブロックが多くなるのできれいな画像になり、このブロックが大きくなればなるほどモザイクがかかったような荒い画像(解像度が低い)になります。

今一番画像を目にする機会が多いパソコンやテレビなど画面で表示される画像の解像度は72dpi
(dpiは画像ブロックの単位)です。
変わって印刷物をきれいに印刷するための推奨解像度は350dpi以上です。

インターネット上のページを印刷すると、72dpiの情報しかないデータを350dpiで印刷してしまうため、画像が荒く印刷されてしまいます。
もし解像度の低い画像をきれいに印刷したい場合、画像を小さくして使用すれば1つあたりの画像ブロックが小さくなり、そのままのサイズで出すよりもきれいに印刷されます。

解像度を高くするとデータ容量も大きくなるので、用途に合った画像解像度でのデータ作成を心がけましょう。