文字のまめ知識「書体」について

書体は大きく分けて「明朝体」「ゴシック体」「楷書体」「ポップ体」の4つの種類があります。

明朝体|ゴシック体|楷書体|ポップ体

一般的なイメージとして、明朝体と楷書体は「固い・和風のイメージ」となり、さらに
●「明朝体:読みやすく分かりやすい書体 / 一文字が四角の中に納まり固い印象」
●「楷書体:筆で書かれたような和風書体 /伝統的で保守的、堅く感じる印象」となっています。

逆にゴシック体・ポップ体は「やわらかい・新しい雰囲気」を持ったイメージとなり
●「ゴシック体:読みやすく分かりやすい書体 / 角張って力強い印象」
●「ポップ体:くだけた遊びを感じさせる書体 /多用すると読みにくくなる印象」となります。

例えば「固い」イメージがいやなのであれば「ゴシック体」「ポップ体」系の書体を使用する等、書体のイメージを考えて書体を決めてみてはいかがでしょうか。

※注意:複数の書体を使うと、まとまりのないイメージになりがちです。
例えば名刺で「名前はゴシック体」「社名、住所は明朝体」など書体を混ぜると、イメージの違うもの同士が目に入ってしまうことになり、まとまりなく見えることが多くあります。
どうしても必要な場合を除き、なるべく書体は混ぜないようにしましょう。