印刷のまめ知識「オフセット印刷とは?」

協和産業で取扱っている印刷は「オンデマンド印刷」と「オフセット印刷」、「UV印刷」の3種類があります。

技術と歴史が培った高品質印刷!オフセット印刷

オフセット印刷とは「版」がある印刷方式の一つで、水と油が反発するという原理を利用した印刷方法です。
「アルミニウム製の印版」や「色数に応じた版数(フルカラーの場合、基本4版)」が必要であったり、機械調節(色を安定させる等)のために印刷前にテスト印刷を相当量行わないといけないなど、高コスト印刷になってしまうので少量印刷には適していませんが、出力速度がオンデマンドに比べ高速で、品質も安定しているので大量印刷時に使用されるのが一般的です。

キレイな仕上りで選ぶならオフセット印刷です。少数印刷ならオンデマンド印刷、大量(300枚以上)印刷ならオフセット印刷等用途によって使い分ける必要があります。

最近は「製版フィルム」を作らずに、印刷データからいきなり刷版を作る「CTP」(コンピュータ・トゥ・プレート)という製版方式が普及してきたので、オフセット印刷はより身近な印刷方法になってきています。