印刷のまめ知識「蛍光色や金色を使って印刷したい!」

蛍光ピンクや金色等の掛け合わせでは表現できない特別な色を使いたい場合、通常印刷(CMYKフルカラー印刷)に版を足して印刷する方法があります。

GOLD/SHOCKINGPINK

1.特色印刷
印刷は、CMYK4色の細かい点が重なり合ってフルカラーを表現しています。
例えば「赤」なら、M(マゼンタ)の点とY(イエロー)の点を重なり合わせて表現する等、一見単色に見える色でも混ざり合って表現されています。
「特色」と呼ばれる「DIC」カラーや「PANTONE」カラーを掛け合わせで表現した場合似た色にはなりますが、単色と混色の違いが出るのでどうしても特色の鮮やかな色は再現できません。
特色印刷をする場合、通常のデータとは別に特色用のデータを作る必要があります。
「フルカラー印刷+特色」を印刷したい場合、特色部分がズレないようにフルカラーデータと特色データが全く同じサイズのトンボを付けて作成しましょう。

2.「金」「銀」印刷
上記の特色内に入っているのですが、「金」や「銀」なども印刷で表現することができます。
しかしインクで表現しているので、どうしても鈍い色での表現が限界になります。
よく記念本の文字などで見かける鮮やかな金色は、下記の「箔押し」という方法で表現されています。

3.「箔押し」加工
「金」や「銀」、もしくは「ホログラム(虹色)」など、鮮やかな色で表現された文字や模様を見た事があるかと思います。
それらは「箔押し」もしくは「ホットスタンプ」と呼ばれる加工方法です。
専用の「版」を作成し、印刷ではなくフィルムを一枚ずつスタンプして作成していきます。
フィルムを直接貼付けるので、印刷では表現できない鮮やかな色合いを出すことができますが、「版のサイズによって価格が高くなる」「一枚ずつスタンプするので時間ががかかる」「箔押しできないものがある(凹凸があったりやわらかい物等)」など、使いたい場所に適しているか注意が必要な加工でもあります。

4.その他特殊印刷
その他の特殊印刷として、弊社でも提供している紫外線を利用したUV印刷や毛羽立ったような印刷、暖めたり冷やしたりすると浮かび上がる印刷等色々な特殊印刷があります。
例えば「特色2色」で上記のような金色とショッキングピンクでチラシを作ると、いつもより目立ってしかも値段が変わらず作れる場合がある等、アイデア次第で特殊印刷は身近に使用できる印刷方法です。