印刷のまめ知識「紙の厚みでイメージが変わる?」

紙の厚みは、通常「kg」で表現されます。紙厚によって印刷物のイメージはかなり変化するので(厚い紙は高級感が出やすい等)紙厚は印刷時には重要なポイントとなります。

紙厚特長
各印刷物の
一般的に使用
されている
紙厚一覧
55kg

「紙1枚あたりの厚みは0.06mm以下」
新聞の広告などで使用されているような大量印刷で使用される紙厚はこの55kg以下の紙が一般的です。
紙の薄さはそのまま重量に比例するので持ち運びには適していますが、この紙厚は裏写りするほど薄いのでしっかり文字を読ませたい場合や高級感を出したい場合は適していません。

70kg

「紙1枚あたりの厚みは0.08mm程度」
コピー用紙とほぼ同等の厚みの紙厚になります。
雑誌の中身(本文)部分やチラシなどに使用される場合が多い紙厚です。
この厚みはまだ裏写りする可能性があるので、裏写りさせたくない場合はもう1ランク厚い紙を使用した方が良いでしょう。

90kg

「紙1枚あたりの厚みは0.1mm程度」
チラシやフライヤー、各1枚物のパンフレットなど、一番目にする機会の多い紙厚がこの90kgの厚みかもしれません。
ある程度の厚みがあるので、クーポン券やチケットなど耐久性が求められる印刷物でも使用可能です。
裏が白紙でなければ裏写りも気にならない程度の厚みです。

110kg

「紙1枚あたりの厚みは0.13mm程度」
ポスターやリーフレット、2つ折りや3つ折りパンフレット、各種ジャケット等幅広く使用されている紙厚になります。
しっかりとした厚みがあるのでチラシやパンフレットに高級感を出したい場合等にも使用されます。
裏が白でも裏写りはほどんど見えない厚みです。

135kg

「紙1枚あたりの厚みは0.16mm程度」
コシのある厚手の紙で、ポスターやジャケット、パンフレット等ある程度の信頼感や高級感を出す際に使用れます。
会社案内やカレンダー等、耐久性を求められる印刷物に適した紙厚になります。
コピー用紙の倍程度の厚みがあるので、大量印刷等にはかなりの重量になります。

180kg

「紙1枚あたりの厚みは0.24mm程度」
名刺や招待状など、主にカード状で一般的に使用される紙厚になります。
官製はがきもこの180kgが一般的に使用されています。
かなりの厚みがある紙になるので、何回も折り返す印刷物や大量印刷には不向きな厚みになります。

同じ紙厚であってもコート紙(ツヤのある紙)やマット紙(ツヤのない紙)など、紙の種類によって持ったときの風合いや見た目が変わるので、用途に合った紙厚を選びましょう。